読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

峯田和伸が加瀬邦彦

引越しをするにあたっては、スムーズに準備を進めることも欠かせませんが、最も大切なことと言えば出費をどうやって格安に抑えるかということでしょう。


なんだかんだとお金が必要になり、推定していた予算を超えることだって多いのです。

いかに安い業者に頼むのかがカギになりますから、一括見積もりサイトを活用し、一番自分に合った業者を選ぶようにしましょう。



引越しにかかる費用ですが、意外と大きな額になるのがエアコンを取り外したり、設置したりする工賃です。
設置も取り外しも、専門の人に任せることになりますから、エアコン取り付け一台につき大体1万円はかかるそうです。もし、エアコンの工事も引越し作業としてサービスでついている場合はそれ程高額にはなりません。
でも、業者は単にエアコンを運ぶだけ、という場合は、どこか他の専門業者に取り付けの工事を依頼するか、それとも、新品を買ってその店に取り付けを頼み、古いエアコンも引き取ってもらうようにするか等々どちらの方が格安でできるのかよく考えてから、判断しましょう。荷物の量や移動距離の違いで引越しにおける相場も変わることをご存知ですか?激安引越しで金銭的な負担を減らすためにも、何より先に、必要経費の目安をつけるためにも、相場を分かっておくと良いでしょう。
その上で、ここで業者の見積もりを比較検討してみて、調べた相場より安価であったりサービスが良い業者にお願いするのが充実した引っ越しになるポイントです。

引越しをすると、どうしても要らないものが出てきます。

こういった物をいくつかの引越し業者が買い取るサービスをしており、評判になっています。



家電や収納家具、ブランド物のバッグだったりゴルフの道具、応接セットのようなものまで、不用品の種類は多くなりがちです。このように数と種類が多いなら、業者を選んで利用すると、査定がしっかりとしていますし、買取対象商品が広いので、新たに買取先を探す必要がありません。引越しの予約を入れておきながら、当日、あるいは前日のキャンセルによって、業者からキャンセル料金を支払うよう求められるケースがあります。
業者は、実は見積もりを出す時に、引っ越し業者はキャンセル料の発生条件などについて説明する義務を負います。ところが、口頭でなく書面で示されるとキャンセル料についての記載に気付けないこともあります。ですから、予約を入れる前にキャンセル料に関しても聞いておくと、役に立つでしょう。転勤が多いので、他の人より引越しの経験は多いのですが、一つだけ大きな声で言っておきたいことがあります。「引っ越し業者に壊れものを運ばせるな」ということなのですが、これは心からの警告です。

まだ引っ越し経験の浅かった頃、荷運びが済んで開梱していると、いくつかの食器が割れてしまっていました。
実は自分の作品だったので、衝撃は大きかったです。ですが、お金に換えられるものではないし、文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。
そんなことがあってからは、工芸品や貴重品、割れるものは自分で運ぶように心がけています。

引越し会社の用意するプランは色々あります。

梱包から運搬、開梱まで全てを業者に頼むことにすると、もちろん、サービス分お金がかかることになります。
荷物も少ない単身引越しであるなら、ちゃんと単身用の引っ越しパックやコースを利用すると良いようです。
東京都内での引越しをした体験談

自分の引っ越しに適したコースを選ぶと、それだけでも支出はだいぶ激安でできるはずですので、その分は、何かと物入りな新生活のために使うことができます。

引越しのやり方は色々ではあるものの、梱包や運搬、引越しにまつわるすべてを業者に任せる人も増えてきたようです。
でも、少し大きめの家具や、重量のある家電が運搬される時には、業者の作業を見ておいた方が良いです。引っ越し業者の人が、もしも大型の荷物を運んでいる時に誤って傷を作ったり壊したり、といったことになると、標準引越運送約款により、業者は補償を行なうことになっています。
ただ、荷物についた傷は引っ越しの時ついた、とわかっておく必要があるからです。
写メなど残しておくと良いかもしれません。



引越しが最も多い季節といったら、やはり春や秋でしょう。例えば、大学入学や就職、転勤といった環境の変化が要因だと言えます。
実際に引っ越しするとなると、手間がかかって面倒だという話をよく聞くのですが、どうやら様々な手続きが複雑でややこしいことが大きな理由のようですね。例えば、電気や水道、市役所など、元の土地でも引っ越し先の土地でも行わなければならない手続きが重なっていますから、しっかりと計画を練って作業を終わらせていく必要があります。

同じ町内など、引越し先が近い場合は家族や親せきなど、自分たちだけで引越しをすることも難しくはありません。やり方ですが、自家用車で運べる荷物はたくさんあるので、まずそれらを何度も時間をかけて新居に運び入れます。時間のある時に、何度も少しずつ運ぶことでたくさんの荷物を運ぶことができます。
自家用車で難しい大型のものは、最後に一日、トラックを借りるようにします。


これで効率よく運び込んでしまいます。

このやり方ですと、引っ越しに掛かる支出は大幅に安くできます。